美と健康を通して、あなたに笑顔を! 私達の使命は「ありがとうと心からお礼を言いたい」と思う お客様という名の友を作ることです!

 どこの病院・クリニックの処方箋でも受付けます。お気軽にお電話・ご来店ください。

     調剤薬局 ミドリ薬局 水前寺店
     TEL/FAX : 096-340-8551

     調剤薬局 ミドリ薬局 堀江町店
     TEL/FAX : 099-213-9033
 トップページ
 店舗・会社案内
 ご挨拶
 個人情報保護方針
 薬剤師募集のお知らせ
 お役立ち情報



 

 トップページ >> お役立ち情報 >> 薬の飲み方

薬の飲み方

 皆さん、処方箋を持って薬局に行かれる時、お薬を受け取る際、お薬の飲み方や、1回の服用量、他のお薬との飲み合わせ……などなど、薬剤師の先生から様々な指導を受けられますよね。 それは、お薬の効果が十分発揮されるように、また思わぬ副作用が起きないように、お薬を飲む際に最低限注意しなければならない事柄です。体のためにお薬を服用するのだから、その効果を最大限に受けたいですよね。

 今日は、お薬の正しい飲み方についてお知らせしたいと思います。

薬を飲む時間

☆食前=食事前の30分ほど前

 食前とは、胃が空っぽの状態を言います。直接胃の粘膜に接して効果を発揮する薬や・食事前に胃の働きを良くして食欲を増す薬・食物と一緒でないほうが吸収や効果が発揮される薬などが、食前に飲むと最大限の効果を発揮します。

☆食後=食後30分ほどまで

 食後とは、食べ物を摂ったことで胃が膨れている状態を言います。胃の消化を助け、胃もたれ等を防ぐ薬・食べ物と一緒の方が吸収や効果がいい薬・胃を荒らしやすい薬などが、食後に飲むと最大限の効果を発揮します。

☆就寝前=就寝30分ほど前

 寝ている間に効果をあらわす薬、睡眠導入剤など睡眠改善を行う薬などが就寝前に飲むと最大限効果を発揮します。


 この3つの服用の他にも、食間に飲む服用法もあります。

☆食間=食後2、3時間〜次の食事の1時間前

 食間とは、食事と食事の間のことで、食事の最中ではありません。胃の中が空っぽの状態だということは食前と同じですが、次の食事まで1時間ほど空いているという違いがあります。漢方薬など、空腹時の方が吸収がいいとされ、食間や食前の服用が多いです。

頓服

 また、上記のように飲む時間を指定されているものではなく、必要に応じて1回飲むだけで効果をあらわす薬があります。これは皆さんもご存じかと思いますが、頓服と呼ばれ、痛み止めや下痢止め、酔い止めなど、症状が出た時に飲む薬になります。



 このように、飲む薬に応じて適した服用方法があります。薬の効果を最大限に享受しようとするなら、その服用方法にしたがって薬を飲まなければなりません。皆さんも、お薬を飲む時は薬剤師の先生の指示通りに服用されてください。

 今回は薬の服用時間についてお話をしました。次回は、薬は必ず水で飲まなければならないのかということについてお話しようと思います。







All rights reserved to 鹿児島・熊本の調剤薬局 株式会社エフエム ミドリ薬局