美と健康を通して、あなたに笑顔を! 私達の使命は「ありがとうと心からお礼を言いたい」と思う お客様という名の友を作ることです!

 どこの病院・クリニックの処方箋でも受付けます。お気軽にお電話・ご来店ください。

     調剤薬局 ミドリ薬局 水前寺店
     TEL/FAX : 096-340-8551

     調剤薬局 ミドリ薬局 堀江町店
     TEL/FAX : 099-213-9033
 トップページ
 店舗・会社案内
 ご挨拶
 個人情報保護方針
 薬剤師募集のお知らせ
 お役立ち情報



 

 トップページ >> お役立ち情報 >> インフルエンザ

 12月に入って、最近めっきり寒くなりましたよね。特に朝方と夜は冷え込みが厳しく、この時期になると体調を崩す方も多いかと思います。

 その中でも特にこれから用心したいのはインフルエンザ。何日も高熱が続くインフルエンザに罹ると本当に辛いですよね。

 お子さんがいらっしゃる方は、お子さんがインフルエンザに罹られた場合、看病でつきっきりになって大変だと思います。インフルエンザは、予防注射もありますがそう対策をしていても罹ってしまうことのある病気です。

 今日はそのインフルエンザに罹ってしまった時に気をつけて置かなければいけない事をお話したいと思います。

インフルエンザの特徴


 インフルエンザは、38℃〜39℃の突然の発熱、頭痛や悪寒、全身のだるさ、筋肉痛や関節痛、のどの痛み 等が主な症状であり、全身症状を伴います

 インフルエンザにかかると、高熱や食欲不足から水分補給が不十分になりがちなので、脱水状況にも注意が必要です。



 インフルエンザにかかってしまったら、発症後48時間以内に 病院での検査をすることを強くオススメします。 罹患直後の大変な状況ではありますが、薬の効果が強く期待できるからです。

 また、家庭では、安静にしてゆっくり休むこと、部屋をあたたかくして湿度を保つこと、外出を控えること、水分補給と栄養のある食事をとること、等に心がけてください。


 症状がよくなるまでは、人がたくさん集まる場所、会社、学校等に行くことは控えてください。



インフルエンザの時、脱水状態の時の対処方法


 脱水状態は高熱や下痢、嘔吐によって起こりやすく、命に関わる場合もあるので、インフルエンザ時の水分補給はとても大切です。

 また脱水状態では水分だけではなく、体内の水分バランス維持に欠かせないNa(ナトリウム)やK(カリウム)などの電解質も多く失われます。

 なので、脱水状態の時はただ水を飲むだけでは脱水状態から回復しません。

 そんな時には当然、水分と電解質の補給が必要となります。そのような時のために、それらをバランス良く配合した経口補水液(ORS)が市販されています。


 ORSは脱水時にのみ飲むドリンクではありません。いつ飲んでも体に害はありません。(大量に飲みすぎると、下痢等の体調異常を起こすこともありますが、そこは常識の範囲内でお飲みください) ですので、常に数本のOSRを家内に常備されて置くことをオススメします。

 脱水症状やその対策についてはHP内で、前回詳しくお話しています。下記にリンクを張っておきますので、是非参考にしてください。

(2013/11/07) 脱水症対策

(2013/11/01) 脱水症状について

(2013/10/31) 冬場にかけての脱水




All rights reserved to 鹿児島・熊本の調剤薬局 株式会社エフエム ミドリ薬局