美と健康を通して、あなたに笑顔を! 私達の使命は「ありがとうと心からお礼を言いたい」と思う お客様という名の友を作ることです!

 どこの病院・クリニックの処方箋でも受付けます。お気軽にお電話・ご来店ください。

     調剤薬局 ミドリ薬局 水前寺店
     TEL/FAX : 096-340-8551

     調剤薬局 ミドリ薬局 堀江町店
     TEL/FAX : 099-213-9033
 トップページ
 店舗・会社案内
 ご挨拶
 個人情報保護方針
 薬剤師募集のお知らせ
 お役立ち情報



 

 トップページ >> お役立ち情報 >> ノロウイルス食中毒対策

NHKあさイチ(12月9日放送)『家庭でできるノロウイルス対策』


   前回ではこの時期に流行りだす、インフルエンザのお話をさせて頂きました。

 今日は、同じようにこの時期に罹りやすい、ノロウイルスについてお話したいと思います。

 ご覧になった方も多いかと思いますが、12月9日のあさイチでは今年大流行する可能性のあるノロウイルスについて、注意点と家庭でできる対策を放送されていました。

ノロウイルス食中毒の特徴


<症状>
 腹痛、激しい嘔吐や下痢、それに伴う脱水症状が起こり、発熱で風邪のような症状が出ることもあります。

<治療方法>
 インフルエンザのような治療薬や、予防のためのワクチンがありません。したがって、脱水症状に備えて、経口補水液などを摂りながら、嘔吐や下痢でウイルスを出すことによって回復を待つしかありません。症状が治まるには3日ほどかかるそうです。

 ノロウイルス食中毒(=胃腸炎)は、ノロウイルスが付着したり含んでいる食品を食べたり、またノロウイルス感染者の便。嘔吐物、それらに汚染された人の手などを介して、ウイルスが人の口から体内に入って感染し発症する急性胃腸炎 のことです。

 ノロウイルスに感染し回復したとしても、免疫は半年くらいしか持ちません。 ですので、何度でも感染する可能性があります。


 あまり知られていませんがノロウイルスは1年を通じて発生します。しかし、ノロウイルスによる食中毒が発生しやすい時期があります。それが、冬から春にかけてですので、食事、手洗い、衛生には気をつけて下さい。



    ノロウイルス発症時の対処方法


 ノロウイルスを死滅させる有効な薬はまだ開発されていません。(多くは3〜4日で症状が取れます。)


 従って、水分の補給と栄養を十分に摂りながら、体力が消耗しないようにするなどの対症療法が大切となります。


 脱水状態は高熱や下痢、嘔吐によって起こりやすく、命に関わる場合もあるので、インフルエンザ時やノロウイルス感染時の水分補給はとても大切です。

 特に小さいお子様や、高齢の方は体内の水分が失われやすいので注意が必要です。

 また脱水状態では水分だけではなく、体内の水分バランス維持に欠かせないNa(ナトリウム)やK(カリウム)などの電解質も多く失われます。

 そんな時には当然、水分と電解質の補給が必要となります。そのような時のために、それらをバランス良く配合した経口補水液(ORS)が市販されています。


 ORSは脱水時にのみ飲むドリンクではありません。いつ飲んでも体に害はありません。(大量に飲みすぎると、下痢等の体調異常を起こすこともありますが、そこは常識の範囲内でお飲みください) ですので、常に数本のOSRを家内に常備されて置くことをオススメします。

家庭でできるノロウイルス対策


 <基本>

  ・外から帰ったら、手洗いとうがいを丁寧に行う。

  ・料理を作る時に加熱が必要な食材は、中心までしっかりと加熱する。

 <家族に感染者が出た場合〜排泄物の処理の仕方>
  ・感染の恐れがあるので、嘔吐や下痢による排泄物を素手で触らないようにします。
  ・処理は使い捨てのマスクと手袋を装着して感染を防ぐ。
  ・市販の塩素系漂白剤を水で50倍に薄めたものを使って、嘔吐や下痢をした場所を消毒する。

  ・また、布団や絨毯など、すぐに洗うことができないものは、スチームアイロンを85度以上に設定し、1分以上加熱乾燥させればウイルスを死滅させることができます。

 

脱水症状やその対策についてはHP内で、前回詳しくお話しています。下記にリンクを張っておきますので、是非参考にしてください。

(2013/11/07) 脱水症対策

(2013/11/01) 脱水症状について

(2013/10/31) 冬場にかけての脱水




All rights reserved to 鹿児島・熊本の調剤薬局 株式会社エフエム ミドリ薬局